しっかりプラセンタのサプリを比較したい方のために

当サイトでは、たくさんのプラセンタを飲み続けてきた管理人が、プラセンタを選ぶうえで勉強したことや悩んだことをまとめました。
プラセンタを初めて飲んでみたいと思った方や乗り換えをしたいと考えている方にも知っておいてほしい内容をできるだけわかりやすくまとめました。
目次
おすすめできるプラセンタのランキング
豚と馬の違い。メリットとデメリットについて
プラセンタのサプリを飲む前に知っておきたい規格基準の話し
JHFAの規格基準に適合したプラセンタサプリ一覧

いまおすすめできるプラセンタをランキングにしました

 

サラブレッドプラセンタTP200next 最もお値打ちで続けやすい馬プラセンタ

配合量200mgなのに
3,000円でおつりがくる!

 

フリーズドライ製法なので
 熱変性の心配もなし

 

馬プラセンタだけを
 飲み続けたい方におすすめ

 



AGEST(エイジスト) 2018年1月に新しいトライアルキャンペーンがスタートしました

プラセンタの原産国はキルギス・アルゼンチン・ニュージーランドなど(時期により最適な原材料を調達)

 

トライアルの内容は40粒/10日分のプラセンタ+美容液

 

初回のみ2,980円(税別)(送料無料)

 



FUWARI ランキング唯一の豚プラセンタ!

 

プラセンタ配合量は3粒360mg

 

初回価格980円!

 

90日間返金保証で安心!

 



 

サラブレッドプラセンタBP300 馬プラセンタ配合量は圧倒的NO1

配合量300mg。
 たくさん摂りたい方におすすめ

 

美容成分全部入りで
 一切の妥協を排した新製品

 

プロテオグリカン配合でしかも無添加

 



 

発酵キレイ・デ・プラセンタ

 

馬プラセンタの配合量は220mg

 

初回30日分1,980円

 

吸収率を強化し発酵により有効成分アップ

 



 

母の滴プラセンタEX

 

メキシコ産の食用馬を使用

 

天然のヒアルロン酸サイタイエキスを配合

 

フリーズドライでたんぱく質量98.8%と純度も高い

 



 

キレイ・デ・プラセンタ

 

北海道産のサラブレッドでラエンネック製法

 

10日分1,000円でお試し可能だが2回目以降7,020円

 

プラセンタエキス末220mgで配合量は多い

 


 


 

プラセンタの泉360

 

2粒に360mg配合だがたんぱく質純度が不明

 

国産馬プラセンタだが産地が不明

 

価格はとても安くプロテオグリカンも配合

 


 


 

ランキングを簡単にまとめると・・・

 

 

 

 

 

プラセンタのおすすめサプリはどれ?ランキングで徹底比較|馬プラセンタサプリ王

ランキングTOPに戻る

ランキングから絞ってさらに比較する

 

 

商品名 プラセンタのおすすめサプリはどれ?ランキングで徹底比較|馬プラセンタサプリ王

1日当たりの含有量

プラセンタのおすすめサプリはどれ?ランキングで徹底比較|馬プラセンタサプリ王

産地の記載

プラセンタのおすすめサプリはどれ?ランキングで徹底比較|馬プラセンタサプリ王

1日当たりのコスト(初回分)


エイジスト


160mg

キルギス産・アルゼンチン産サラブレッド

約158円

私の口コミ

前商品のエイジングリペアからより進化を遂げた憧れのプラセンタサプリ。美容業界注目の成分デルマタン硫酸やアムラなど最先端の美容成分が凝縮し、美しさを探求する女性から高い支持を得ている人気商品です。気品溢れるパッケージも気に入ってます。


TP200NEXT


200mg

オーストラリア・ニュージーランド産サラブレッド

約90円

私の口コミ

BP300の通常版がTP200NEXT。とは言っても本物の馬プラセンタ末を200mg配合して毎月2,700円で飲める馬プラセンタは他にありません。初心者にも大変おすすめで迷ったら間違いなくこれです。栄養素が壊れないように加熱分解しておらず製法にもこだわりあり。何よりJHFA認定基準を満たしているので自信を持っておすすめできますし、私も愛用しています^^


FUWARI


360mg

ヨーロッパ産

32円
プラセンタのおすすめサプリはどれ?ランキングで徹底比較|馬プラセンタサプリ王

私の口コミ

商品を販売しているはぐくみプラスは、妊婦さんに必須の葉酸サプリなどでも人気商品を発売しているメーカーです。FUWARIの魅力はなんといっても初回価格86%offの価格の安さ。そのうえ、90日間の返金保証もついているため、馬プラセンタにこだわらず、商品選びに失敗したくない方には特におすすめの商品です。


BP300


300mg

オーストラリア・ニュージーランド産サラブレッド

144円
プラセンタのおすすめサプリはどれ?ランキングで徹底比較|馬プラセンタサプリ王

私の口コミ

販売元の日本メディカル研究所さんは大学との共同研究も行っているメーカー。下で紹介しているTP200NEXTも同じメーカーです。BP300は簡単に言えば、2015年から売れまくったTP200の上位版です。日本メディカル研究所さんが妥協なく仕上げた最高品質の馬プラセンタサプリ。1日で300mg摂取できる配合量は圧倒的。さらにプラセンタの働きを高め、エイジングケアに必要とされる成分は全て詰め込んであります。他の美容系サプリを飲む必要が無くなるので結果お得で損しません。


発酵キレイ・デ・プラセンタ


220mg

北海道産サラブレッド

約90円

私の口コミ

発酵キレイ・デ・プラセンタ最大の特徴は1日当たり1カプセルの配合量が220mgあること。これはTP200NEXTよりも多い数字です。初回30日分で言えば最安値ですが、2回目以降の価格は続けるごとに3,980円まで安くなりますが、続けやすさにはTP200NEXTに軍配が上がります。1ヶ月馬プラセンタを最安で試したい方におすすめです。


母の滴プラセンタEX


400mg

メキシコ産食肉馬

約162円

私の口コミ

母の滴プラセンタEXは、1粒あたり200mgですが、60粒入りなので1日に400mg摂れるのが強み。その他の美容成分はサイタイエキス以外入っておりませんが、たっぷりプラセンタを摂りたい方におすすめです。一日当たりのコストは約162円ですが、量が摂れるため財布と相談ですね^^


プラセンタの泉360


360mg(たんぱく質量不明)

国産馬(産地不明)

約68円

私の口コミ

プラセンタの泉360は2粒で360mgと申し分ないスペックですが、馬の産地と製法、プラセンタの純度の記載がどうしても見つけられなかったので今のところ様子見。配合量が多くても水分量や栄養が壊されていないかの製法の確認が必要です。価格は圧倒的に安いですね。

目次に戻る

豚と馬の違い。どんなメリットやデメリットがあるの?

最近は馬プラセンタの人気が高くなっていますが、その理由として挙げられるのが「産地がはっきりしており安全性が高い」「高品質である」ことです。

 

また馬プラセンタは豚と比べてもアミノ酸の種類が豊富なことがわかっています。よく馬の方が豚に比べてアミノ酸の量が多いと謳われていますが、あれは間違い。試験の条件がそもそも異なるのにまことしやかに出回ってしまった嘘の情報です。

 

馬のデメリットを挙げるとすれば、原価が高いのでやはり格安でサプリを作ることはできません。その反面豚は多頭出産の為原材料が豊富で馬と比較しても原材料は安価なためコストを下げて製造することが出来ます。しかし産地が分からないものが多いのが現状です。

 

ですから、アミノ酸の種類の豊富さや、美容成分の種類が多いプラセンタを選びたいのであれば馬プラセンタがおすすめで、
プラセンタの摂取量をコストを掛けずに多くしたいのであれば豚を選ぶというのもひとつの選択肢です。

 

また、ランキングや口コミを鵜呑みにして選んでしまうのも個人的にはおすすめしません。成分がプラセンタエキス末だけのものなのか、美容成分が他にも入っていた方が良いのかは飲む方のニーズによって変わってくるからです。

 

例えばアットコスメのランキング。アットコスメのランキングでは馬プラセンタはあまり上位にはなりません。なぜなら格安のサプリや980円とか500円と言ったお試しがないので販売数が伸びないからです。

 

その分口コミの数も負けてしまいますから、長らく馬プラセンタがランキング上位に食い込むことはあまありませんでしたが、最近では馬プラセンタが話題になってきてお試しはなくても上位で見かけるようにもなってきました。

 

ランキングで上位になくても、実力のあるプラセンタは口コミも評判も良い傾向にありますから、参考程度に見てみるのはおすすめです。

 

つまりたくさん売れているからと言って、それだけで優れた商品であるかといえばそうではないので要注意です。

 

ただ、全ての豚プラセンタが馬プラセンタに劣っているという話ではありません。豚でも馬でもプラセンタには本物と偽物、もしくは粗悪品が存在するので、粗悪品を掴まない為の知識が必要です。

目次に戻る

プラセンタのサプリを飲む前に知っておきたい規格基準の話し

私の母はプラセンタサプリの愛用歴がかなり長く、もうかれこれ6年程になります。これは私がプラセンタを飲み始めたり興味を持って勉強するよりもずっと前からのことで、たまたま母と話をしていたらプラセンタの話題になって知りました。

 

私の母は言うなればプラセンタの大ファンで、毎日欠かさず飲んでいてもう手放せないようです。
そこまで気に入っているのは知らなかったので、じゃあということで私はありとあらゆるプラセンタを買い込んで母に一つづつ試してもらったわけです。

 

うちの母はもともと価格の安い豚プラセンタを飲んでいました。それでも十分効果があって満足していたようですが、試しに私が買い込んだプラセンタのサプリを色々飲み続けてもらったところ「全然違う」と半ば興奮気味に話しをするので、私も少々鼻が高いというか嬉しいというか、してやったりの気分になったのを覚えています。

 

母の体感としては、お肌の調子だけではなくとにかく疲れづらくなるというのがあるみたいで、お肌に対しての効果で一番驚いていたのはシミやくすみに対する効果と言っていました。また、プラセンタのサプリの種類を変えるとその違いが顕著にお肌にも現れるのでとても楽しかったみたいです。

 

しかし私はここでふと疑問に思いました。
「同じプラセンタなのになぜ違いが出るんだろう?」
「ほぼ同じ量のプラセンタなのにどうして効きに違いが出るんだろう」

 

少し前置きが長くなってしまいましたがここからが本題です。実は私、プラセンタの原料メーカーの方から直お話しを伺う機会があって、その中でかなりびっくりしたことがあったのでそれを皆さんにも知ってもらいたいと思い内容をまとめてみることにしました。

 

プラセンタには偽物もある?!

あらためてプラセンタって何でしょう?と聞かれれば、このホームページを見て下さっている方のほとんどの方は「いや胎盤でしょ?」と答えるはずです。そうです。胎盤です。プラセンタのサプリの原料は動物の胎盤から出来ています。「日本における」プラセンタ食品の規格は、公益財団法人である日本健康・栄養食品協会というところで定められているのですが、この規格に則っているのであれば本物のプラセンタサプリであると言えます。

 

詳しくはこちら→プラセンタ食品の規格基準の概要

 

この規格基準の概要にプラセンタの定義がされています。

ここでいう「プラセンタ」とは、適正に農場にて飼育された健康な家畜(豚および馬)の満期出産時に、後産として得られる食用の胎盤をいう。こちらのPDFより引用

 

ここを見る限り、本物のプラセンタサプリを製造するには原料として「満期出産時に後産として得られる食用胎盤」を用いないといけないことになります。

 

豚ならまだしも、多頭出産ではない馬の胎盤なんてそんなにたくさん手に入るものではありません。しかし、豚も馬もおよそ胎盤の量が足るべくもないほどたくさんのサプリが製造、販売されています。なぜでしょうか?

 

実はここに秘密があって、これはあくまでも「日本の規格基準」というところです。
諸外国では、動物の子宮そのものをプラセンタとして卸している国もあり、例えば妊娠中であった動物の子宮をまるごとごっそりプラセンタ原料としているメーカーも存在するということです。

 

日本におけるプラセンタ食品の原料は、食用胎盤そのものでないといけないにもかかわらず、子宮そのままを加工したらほとんどがお肉。ただのたんぱく質ですよね?

 

こういった現実があることも覚えておいて損はなしです。とはいえ素人判断では飲んだり舐めたりしたところでなかなかわかるものではありません。

 

私の方でも確認を進めていますが、メーカーに直接「プラセンタ原料はJHFAの規格に則っているか?」「原料は後産で得られた食用胎盤か?」を確認してしまうのは手っ取り早いでしょうね。

 

もしくはこのマーク。

このマークはぜひ覚えておいてください。
このマークがあれば、JHFAの食品基準を満たしていることになります。

 

JHFAの規格基準に適合したプラセンタサプリ一覧

現在のところJHFAの規格基準に適合したプラセンタ食品は29商品ありました。この中からドリンクを除き、現在も販売されている商品の価格とタイプをリスト化しました。

製品名 価格 タイプ
日本メディカルのサラブレッドプラセンタ200next 2,700円(税別)
サラブレッドプラセンタBp300 9,250円(税別)
ヴィーナスプラセンタEX 5684円(税別)
美・彩康 12,960円
モンローブロンドプレミア100R 10,000円
やまだのプラセンタ 12,960円
潤宝 9,800円(税別)
プラセンタα 5,400円
プラセンアルファプレミアム 不明
プラセンタJ500 9,720円
モビリア プラセンタ 9,500円(税抜)
サンティエラ プラセンタ 6,912円
ホスピレッグ 8,100円(税別)
マルチプラセンタオールインワン 6,500円
プレミアムプラセンタ 9,000円
H-プラセンタ30000 12,000円
βプラセンタ30000 9,500円
ナチュラルプラセンタ 9,500円(税別)
美と健康プラセンタ 10,000円(税抜)
ピュアプラセンタカプセルW 5,940円
プラセンタカプセルMD 14,000円(税別)
メルスモンプレミアムカプセル 15,120円
プラセンタカプセルOP 5,800円

※メルスモンプレミアムカプセルとプラセンタカプセルOPは医療機関専売品の為、医療機関でしか購入できません。

 

あらためてJHFA認定商品の価格を並べてみるとTP200nextの2,700円というのが最安値と言えます。配合量も200mgなので十分と言えますし。

 

税込でも2916円でしかもこれが2回目以降もこの価格で飲み続けられるので、しっかり選んで間違いのない馬プラセンタを飲みたいという方には適しているのではないでしょうか?

 

ではエイジストやBP300とはどのように選び分ければ良いのか?というところですが、そこは美容成分の種類の多さでしょう。

 

単純にプラセンタだけを摂りたいのであればTP200nextで十分ですが、エイジングケアに必要な成分をトータルで摂りたいという方、現在他にもコラーゲンやヒアルロン酸などのサプリを飲んでいる方、それらをやめて一本化したいという方にはBP300エイジストは向いています。

 

BP300に至っては、TP200nextのプレミアム版ということもあってプラセンタ含有量も1.5倍です。しかし、月々のランニングコストはTP200nextの倍以上になりますから、最後は財布と相談ということになりそうですね^^;

目次に戻る